「第8回 大泉鼎大会」結果&総評

平成21年6月28日(日):橋戸小学校体育館
各部門の入賞の皆さんのご紹介と、松本先生から総評を頂きました♪
【個人戦】
<優勝>
小学3年生以下の部 志田 龍治
小学5年生の部 宮崎 海帆
<準優勝>
小学3年生以下の部 甲斐 陽向
小学4年生の部 羽場 信吾
小学5年生の部 飯塚 武志
小学6年生の部 岩切 優太
中学生の部 河上 伸太郎
<三位>
小学3年生以下の部 臼屋 光夏、伊藤 真地
小学5年生の部 瀧口 達也
中学生の部 大村 真未、川又 将宏
【少年団体戦】
<優勝> 大泉剣児会

第8回 大泉鼎剣道大会 総評
 6月28日、橋戸小学校にて、第8回大泉鼎剣道大会が開催されました。
 この大会は、地元大泉地区の3団体が、稽古と試合の双方を通して、技を磨きあい、また、出来るだけ多くの子供達に勝者の喜びを感じ取ってもらい、やる気を育成しようとの発案でできた大会です。
 小学2年生は、対外試合での初陣を飾りました。大きな大会では、なかなか一勝出来ない子も、一本勝負のこの大会では、勝利の女神が微笑みやすい環境でもあります。直前の稽古で、打たれた痛みと、負けたくやしさで大きな声で泣いていた子供たちにとって、こうして結果を残したことは、なによりも自身となり、これから生きていく力となるでしょう。
 全ての試合で、前日の試合稽古とはうって変わった、気迫のこもった戦いぶりに感動しました。気合の掛け方から違っていました。また高学年では、技の切れも、今まで見たことのないような鋭さを出していました。やはり試合での成長はすごいものがありますね。もちろん、その土台を作るのは日々の稽古です。
 今回より、成人団体戦が7人制で行われました。当会は2試合とも3勝4敗での惜敗でした。一戦一線が手に汗を握るような熱戦で、子供達も熱心に観戦・応援をしていました。特に、珍しい二刀の選手が同じ三将に出場し、二刀同士の戦いや、当会の田村先生が逆胴と引き面で二勝されたことは、皆さんの記憶にも残ることでしょう。
 日本剣道形は、日頃の稽古の成果が十分に発揮できた良い形を打っていました。
 来年は、当会が当番団体です。これからの一年、また、一生懸命稽古をして、試合と日本剣道形に、今回以上の切れ味を出して、観衆を魅了しましょう。

会長 松本雅紀
大会の結果 > 大泉鼎剣道大会 | comments (0) | -

comments

comment form

プロフィール
新着記事
カテゴリー
コメント
カレンダー
剣児会QRコードfb
その他
Thanks!Access.