「第22回スポーツ少年団大会」結果&総評

平成21年11月7日(日):光が丘体育館
各部門の入賞者の皆さんのご紹介と松本先生から総評を頂きました。
【木刀による剣道基本技稽古法】
準優勝  元立ち:河上 祐輝、掛り手:宮 海帆

【個人戦】
第三位  小学生3、4年生 女子の部 札場 詩乃
敢闘賞  小学生5、6年生 女子の部 宮 海帆

【総評】
木刀による剣道基本技稽古法では、稽古の成果を十分に発揮し、結果を残しました。おめでとうございます。惜しくも決勝戦では負けましたが、二人ならではの世界をつくり、観衆を魅了していたと思います。
日本剣道形の試合では、初戦で強豪とあたり、惜敗しました。しかし、この1ヶ月での、集中稽古で培った切れは出せたようで、先生方の評価は高いものでした。今後の活躍に期待いたします。
試合では、昨年同様に東松館の壁が厚く、結果が出ませんでした。そんな中での札場選手と宮選手の活躍はすばらしいものでした。
全選手の成績表を後日見る機会がありました。一本、1勝を取る事がいかに難しいか。そんな中で、確実に皆さんの力が付いて来ている事をこの成績表に読み取ることが出来ました。
明日の一本、一勝を目指して、皆で厳しい稽古を続けていきましょう。

会長 松本雅紀
大会の結果 > スポーツ少年団 | comments (0) | -

comments

comment form

プロフィール
新着記事
カテゴリー
コメント
カレンダー
剣児会QRコードfb
その他
Thanks!Access.