「第44回全大泉剣道大会」結果&総評

「第43回全大泉剣道大会」結果&総評
平成23年12月4日(日):練馬区立大泉第三小学校
各部門入賞の皆さんです。おめでとうございます♪
【個人戦】
<優 勝>
小学3年の部     伊藤 泰地
小学6年の部     羽場 信吾
<準優勝>
中学2・3年の部   志田 大騎
中学女子の部     河上 祐輝
<第三位>
小学4年の部     中村 侑希
中学1年の部     小林 寛、瀧口 達也
中学2・3年の部   川又 将宏
中学女子の部     宮 海帆
<ベスト8>
小学3年の部     唐澤 陸斗
小学5年の部     志田 龍治
中学2・3年の部   甲斐 大誠
【団体戦】
<準優勝>
中学生の部     大泉剣児会 B
(河上祐、山本、小林、加藤、上島)
<第三位>
女子の部      大泉剣児会
(大村真生、甲斐陽、宮崎)

総合   
優勝  大泉剣児会


<総評>
ご覧のとおり、今回は各部門で見事な成績を残しました。おめでとうございます。一年の稽古の成果が会場一杯に躍動していました。中でも、独自の大きな剣風を作りつつある伊藤君、足の肉ばなれの激痛を押して健闘した羽場君、両君の戦いぶりは見事でした。

今年は大泉南小の学芸会と日程が重なり、小学生は35%の戦力での戦いとなりました。総合得点で昨年は3ポイント差で涙を呑みましたが、その悔しさを出場選手の頑張りにより、1ポイント差で念願の優勝を遂げることが出来ました。3年ぶりの優勝旗奪還です。

終日、ステージの上から皆さんの戦いぶりを観戦しました。各選手の活躍の中で一番印象に残った試合は、中学団体戦での山本一真君の2本の面技です。自分を捨てきった無心な面を立て続けに決めた技は、お手本となる迫力ある見事な打突でした。また、河上祐輝さんの決して下がらない攻め続ける剣道も、結果を出し始めて嬉しく思いました。やはりこの二人を見ていますと、「稽古はうそをつかない」を裏付けてくれています。他の人も、もっと稽古をするともっと強く、もっと美しく勝てるのになあ〜と感じました。

来年は、他の団体も必死に稽古をしてくるはずです。「勝って反省!」を忘れることなく、尚一層稽古に励みましょう。

会長 松本雅紀
大会の結果 > 全大泉剣道大会 | comments (0) | -

comments

comment form

プロフィール
新着記事
カテゴリー
コメント
カレンダー
剣児会QRコードfb
その他
Thanks!Access.