「平成23年度学年末錬成大会」結果&総評

平成24年3月18日(日):大泉第二中学校
各部門の入賞者の皆さんのご紹介と会長より総評を頂きました。
【平成23年度学年末錬成大会結果】
<個人戦>
<優勝>
小学1.2年生の部 山浦 昇丸
小学3年生の部  伊藤 泰地
小学4年生の部  亀井 彰人
小学5年生の部  志田 龍治
小3〜中学2年生の部 宮崎 海帆
中学3年生の部  川又 将宏
一般の部     本多 憲一郎
<準優勝>
小学1.2年生の部 本多 桃子
小学3年生の部  唐澤 陸斗
小学4年生の部  大村 真生
小学5年生の部  伊藤 真地
小3〜中学2年生の部 甲斐 大誠
中学3年生の部  瀧口 千暉
一般の部     土橋 隆夫
<第3位>
小学1.2年生の部 李 吏椰
小学3年生の部  山本 悟士
小学4年生の部  木村 佑、瀧口 珠莉
小学5年生の部  山浦 栞莉、高島 壮巨
小3〜中学2年生の部 志田 大騎、小林 寛
中学3年生の部  伊藤 芳樹
一般の部     甲斐 健二、河上 久美
<団体戦>
    先鋒   中堅   大将   勝敗
一般  土橋   本多   甲斐   2
    ○    ○        
中3  伊藤   瀧口   川又   
              ○    1

【総評】
昨年は、東日本大震災の直後でこの大会は開催できませんでした。したがって、2年ぶりに開催できる幸せをかみしめながらの熱戦となりました。小学1年生から一般まで、1年間の稽古の成果が十分に出た良い試合が多かったと思います。あらためて試合記録を見ますと、一本勝ちや延長戦が多く、きわどいところで勝負が決まったようです。今回は、5月の練馬区剣道大会の団体戦の選手選考も兼ねており、特に小学6年生は中学生の一員として先輩と戦い善戦しました。中途半端な打突が少なく、一本一本を打ちきった戦いぶりはこれからの勝利につながるものだと確信します。その中でも、中学生の決勝戦は、しっかり攻め溜めて見切った面返し胴の宮さんの技、ここだ!と思って打ちきった面の甲斐君の勝負は見ごたえのある、観衆を感動させる一本だったと思います。
さて、この試合で大泉剣児会最後となった、川又君、瀧口君、伊藤君、剣児会での沢山の思い出を胸に、大きく羽ばたいて出発してください。これからさまざまな壁にぶつかることと思います。その時に、剣児会で培った頑張りを思い出して突き進んで行ってください。ストレスが溜まった時は、剣児会に来て、大きな気合で打ち込み吹き飛ばしましょう。先生方はいつでも受けていただけますよ。
これからのご活躍をお祈りいたします。
大会の結果 > 学年末練成会 | comments (0) | -

comments

comment form

プロフィール
新着記事
カテゴリー
コメント
カレンダー
剣児会QRコードfb
その他
Thanks!Access.